サイコセラピー種類

サイコセラピーの種類

サイコセラピーにはいろいろな種類がありますが、一般的なものを書いておきます。
治療コースが短かったり、今悩んでる状態に焦点を当てて考え方や、対処方法に焦点を立てることが特徴的です。
子供の頃の出来事に焦点を当てたり、長いスパンで作られてしまった精神状態に原因をみなす精神分析やサイコダイナミックセラピーとは違い、これらの手法はネガティブで合理的ではない思考パターンに焦点を当てていきます。

 

認知行動療法

セルフトーク、自動的な思考、そして行動があなたにどのような影響を与えるかに焦点を当てていきます。そして新しいタイプの思考、対処する技術を教え、いかに今後のことを変えることで気持ちが楽になっているかを理解させていきます。無力感や劣等感を和らげることにつながります。

 

対人関係療法

対人関係での問題の解決、または社会でのサポートを広げることに焦点をあてます。

 

いずれも自分がどのように考えているかに焦点を当てるところが特徴です。
心の問題の場合、自分が自分に対してどのように物事を解釈しているか、人生をどのように語っているからとても大切になってきます。他人が問題を解決してくれるけどありません。セラピストはあくまで有効な方法をとって、あなた自身を変える導き手になってくれるのです。素直に従い、行動していくことであなたの考え方やそれに伴う気分も大きく変わってきます。

〜強迫性障害によるパニック障害に悩む方へ〜
パニックは辛いけど副作用も不安だから薬も飲みたくないという方は御覧ください↓↓
>>>突然の不安感・パニックにハーブで対抗

ホーム RSS購読 サイトマップ