強迫性障害の為にセロトニン不足を補う方法

強迫性障害のための飲料〜セロトニン不足を補う〜

強迫性障害はセロトニン不足が原因

  • どんなに振り払おうとしても頭の中に浮かんでくる画像・文字・思考
  • 魔除けみたいに、同じ行動を繰り返えさないと気がすまない

 

 

こういった強迫性障害に悩む方は、100万人を越えるとされています。
5〜60人に1人の割合で何かしらの強迫性障害になる事が確認されています。

 

管理人の私もその一人です。

 

 

原因は人それぞれでもありますが、
長い間、強迫性障害に悩む方の場合、セロトニン(5HT)不足が挙げられます。

 

 

セロトニンとは、
不安や緊張といった平常心を保つ為の脳内コントロール物質です。

 

 

太陽の光を浴びることで補給されているとも言われる
健康な精神状態の必需品です。

 

 

ですが、
ストレスや生活の乱れで簡単に不足してしまいます。

 

不足すると感情のコントロールが難しくなります。

 

医者に行くと、、、?

 

強迫性障害で医者に行くと
セロトニンのバランスを整える「SSRI」といった薬が処方されます。

 

 

しかしながら、あくまで薬ですので

  • 依存性
  • 副作用

があり、長期的な使用は避けたいものです。

 

 

SSRIは、セロトニンを増やすものではなく、
セロトニンをキチンと細胞に取り込むお薬です。

 

薬に頼りたくない人が選ぶセロトニン不足を補う飲み物

 

ここではセロトニン不足を食品として補える栄養機能食品をご紹介します。
>>>詳細ページ

 

食品になるので副作用はありません。

 

強迫性障害に悩んでいるが薬に頼りたくない、、、
副作用のないものがいい、、、

 

このような方に選ばれています。

 

 

完全に食品になるので副作用はありません。

 

 

【クワンソウ】という「眠り草」とも呼ばれる天然植物が主原料です。

 

一般のの睡眠系食品の15倍の濃度になっています。

 

 

実際に飲んでみました

 

重症ではありませんが、管理人の私も強迫性障害です。

 

 

セルシン、デパス、メイラックス、、、

 

医者でもらってきた薬は多いです。

 

 

早速、セロトニン目的で注文したら、翌々日に届きました。

 

見た目は随分と落ち着いた感じです。

 

 

基本的に就寝前に飲めば良いそうなので、
入浴後、原液で飲んでみました。

 

「、、、、、」

 

 

正直、不味いです(笑

 

匂いは漢方薬の感じ?

 

口に入れれば、飲めない感じではないですが。

 

 

ちなみに
私の強迫性障害は、布団に入ってからがひどいです。

 

 

いろいろと嫌な文字や画像が浮かんでくるので、なかなか眠れないタイプです。
イメージの中で刀で切ったり、爆発させてみたりして一生懸命消そうとします。

 

 

一時期は、夜が怖くて仕方ない時もありました。

 

 

初日の感想ですが、多少、安心感はあった気がします。

 

 

たぶん、セロトニンが補給されたっていうイメージのせいなのかも。

 

 

最初は
特に驚くような変化は起きませんでした。

 

 

次の日はフルーツ系のジュースで割ることにしました。

 

 

これが当たりで、特にぶどう系のジュースなら完全に不味さも匂いも消えます。

 

 

このまま1週間飲んでみました。

 

 

1週間飲んだ感想

 

以前より、寝るまでの時間が早くなった気がします。

 

 

前は、嫌なイメージを消すためにずっとスマホを見たりして、眠くなったら寝る感じでしたが、
スマホを見る時間がすごく短くなったと思います。

 

 

入眠がスムーズになったぶん、精神的に安定している感じがします。

 

飲んだ時にみぞおちの辺りのモヤモヤがス〜っとしてゆく感じもするようになりました。
このまま1ヶ月続けてみようと思います。

 

 

薬に近い効能はあるのかもしれません。

 

 

でも、やっぱり薬ではないので、即効性はないように感じます。

 

あくまでセロトニン不足を時間をかけてでも改善したい方にオススメですね。

 

 

薬がイヤって方にも良いと思いますよ。

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

私が飲んでいる栄養機能食品のセロトニン飲料です。
>>>詳細ページはこちらから確認できます。

 

 

強迫性障害によるパニック障害に悩む方へ
でも薬は飲みたくない方には、知っておいてほしいことが書いてあるので見ておいてください↓↓
>>>突然の不安感・パニックにハーブで対抗

 

 

 

 

<あとがき>

私は高校生の頃から電車に乗るときに音楽を聴いていないとなることができませんでした。なぜ音楽を聴いていないと電車に乗ることができないのかと言うと、もともとは軽いパニック障害だったのですが、社会人になるにつれてだんだんと深刻なパニック障害になってきました。ですが音楽を聴いて耳を塞いでいると知人落ち着いて電車に乗ることができるんです。私の場合は偶然にもこういった方法でパニック障害にならずに出勤することができているのですが、なかには電車にも乗れず車にも乗れない強迫性障害といった深刻な悩み苦しんでおられる方も多いかと思います。パニック障害や強迫性障害といった不安は、健康な人に話をしてもいまいち理解してもらえないですよね。性格上の問題だと勘違いされて終わってしまうこともあります。最近はテレビなどでもこういった悩みに関するドキュメンタリーなどが流れているので多少は認知されるようになってきましたが、ゴールデンタイムに流れることがほとんどないのでまだ知られていないことだなと実感しています。ですが、こういったゼミ対する薬が多く処方されるようになってきた反面、健康食品として精神的な問題を改善しようという取り組みも多いようです。食品であれば薬のように副作用を怖がる必要もありませんし、そもそも副作用が不安でまた強迫性観念にとらわれてしまうこともないのかなと思います。もしかしたら江南じゃないかなどといった強迫性障害は、自分でもコントロールできない位に同じことを不安を取り去るために繰り返してしまったりします。その問題の中で引き起こされてしまうのがパニック障害なのかもしれません。私は多分昔から両方兼ね備えてるような気がします。こういった問題に悩むバイト時って、なかなかカウンセリングに行きにくいですよね。なぜかと言うと、自分が精神病にかかっているということを認めたくないんです。これもまた強迫性障害の1つなのかもしれません。私にとって強迫性障害は長い間付き合っていかなくてはならないものなのかもしれません。少しでも薬などに頼らないようにしたいのです。そういった意味では最近はいろいろな方法が見つかっているようです。少しでも早くこういった悩みを改善できるようになったらいいなと思いますね。まずは遊興出してカウンセリングを受けに行ったり、することも大切なのかとは思います。他人をあまり意識していないとゆうか、人間があまり好きではないのかと思っていたのですが、それとは正反対に他人を必要以上に意識してしまっているのかもしれません。これは子供の頃から性格上の問題なのかと思っていたのですが、強迫性障害といった言葉を知ることによって恐怖なのではないかといった不安も出てきました。昔からこういった不安は常に抱えていたので、自分を客観的に見ることができれば一番良いのかなあと思っています。ですがなかなか自分のことなのにうまくコントロールできないのがこういった問題の一番厄介なところなのかもしれません。少しでも自分のことが理解できるように、ゆっくりと勉強していこうかな考えています。なりたい助けをきちんと求めることができればそれはそれで良いことなのかもしれません。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ